購入チケットの選択

購入するチケットを選択してください。
展覧会

ロートレックとミュシャ パリ時代の10年

概要

*本展では無料の音声ガイドをご利用いただけます。
 お聴きになる場合は、スマートフォンとイヤホンをご持参ください。

本展は、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1864-1901年)とアルフォンス・ミュシャ(1860-1939 年)が芸術の都パリで活躍した1891年から1900年までの10年間に焦点を当て、二人が共通して取り組んだ石版画ポスターを中心にご紹介するものです。 ロートレックは1891年に第1号ポスターとなる《ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ》を制作、その約3年後、ミュシャも第1号ポスター《ジスモンダ》を発表しました。これを機に、いずれも時代の寵児として活躍していきます。

二人とも第1号ポスターで脚光を浴びましたが、その活動拠点は、ロートレックがモンマルトル、ミュシャがモンパルナスとセーヌ川を挟んで隔たり異なっていました。本展では、アトリエ、印刷会社、クライアントなど作品制作をとりまく様々な点にも着目し「よき時代(ベル・エポック)」の双璧をなす二人のポスター作家の実像に迫ります。

また、わずか10年の内にこの世に送り出された宝物のようなロートレック作全ポスター作品31点を一堂に紹介すると共に、当館に寄託されているサントリーポスターコレクションならではのステート違いや試し刷りの段階のものも豊かに展示する極めて稀な機会です。どうぞお楽しみください。

*障がい者手帳、アサヒメイトの割引はオンラインでは取り扱っておりません。
 当館2階チケットカウンターにてお買い求めください。

*月曜日(1月2日、1月9日は除く)、12月31日、1月1日 休館

入場日の選択

指定なし

オープンチケットのため、日時の指定はございません。

※オープンチケットの有効期限: 2022年10月15日 ~ 2023年01月09日

入場時間の選択

指定なし

券種の選択

選択可能な券種がありませんでした。